派遣社員という選択肢

派遣社員という選択肢

派遣業についてのこと

派遣社員という選択肢
派遣業がとても伸びていることは確かです。これは規制緩和によって、製造業への派遣が規制緩和されて、日本の製造業という極めて大きな市場に派遣することができるようになったので、そこからかなりの利益を出すことができたからです。別に製造業だけではありませんが、規制緩和されてから、八年間で派遣労働者は七倍くらいになっています。つまりは、それだけ非正規雇用が増えた、ということでもあります。そのあたりで賛否があるわけですが、労働の流動化が良くなった、と言うことも確かです。つまりは、企業が雇いやすくなった、ということです。どうしても正規雇用というのは、雇うのが大変なのです。物凄く長期的なコストになります。そのあたりのリスクを避けることができるのが、派遣なのです。ちなみに派遣には雇用の期間が原則的に一年、という制限があります。例外としても三年なのです。

それ以降、同じ人を雇うのであれば、正規雇用にする必要がありますから、実は長く勤めることができれば、正規雇用、正社員になることができる雇用形態でもあります。ですから、そこまで悪いことではありませんから、その点は実はそんなに心配することではないのです。つまりは、派遣労働でも正規雇用になる可能性が高いのです。

おすすめ情報

Copyright (C)2017派遣社員という選択肢.All rights reserved.