派遣社員という選択肢

派遣社員という選択肢

社員になりたいなら!紹介予定派遣という選択

派遣社員という選択肢
派遣社員は、どんなに仕事がよくできたとしても、契約期間が終わってしまえば仕事がなくなってしまいます。ずっと長く同じ企業で働きたいと思う人は、派遣はそのため避けている場合もあるかもしれません。そんな人におすすめなのが「紹介予定派遣」の制度です。これは、派遣会社から企業に一定期間は派遣として勤め、その後、双方の合意があれば正社員、契約社員になれるというものです。

企業側は派遣でお試し期間を設けることができ、勤める側としてはどんな環境かを知ることができます。ミスマッチを防ぐことができて、お互いが環境や雇用条件を気に入れば、正社員や契約社員になれるいい制度とも言えます。何より、派遣で働いていると派遣の雇用期間が終了してしまうと仕事がなくなる危険性もあります。この制度を利用すれば、定年までずっと働くことができる可能性もあり、嬉しいと感じる人もいるのではないでしょうか。

双方の合意で正社員、契約社員になるので、まずは派遣として働いてみて、環境がよくないと感じたらその時点で仕事を終了することも可能なのが利点のひとつ。よくある正社員で入社したはいいものの環境がよくない会社だったというケースも防ぐこともできます。

おすすめ情報

Copyright (C)2017派遣社員という選択肢.All rights reserved.